株式会社スリーディーは、3Dグラフィックスソフトウェア開発・コンテンツ制作のプロフェッショナル集団です。

REMO AR Viewer for iOS

ソリューション

  • 弊社は、三次元空間(x,y,z)データを実時間(t)で処理するためのソフトウェア開発を得意としております。
    お客様のご要望に応じたシステム構築を実現します。

    リアルタイム3Dグラフィックス技術

    弊社の有する主な要素技術
    • OpenGL及びOpenGL Shading Language(GLSL)を用いたグラフィックスシステム構築
    • OpenGL ESを用いた組込み用途グラフィックスシステム構築
    • VTK(The Visualization ToolKit)を用いた可視化システム構築
    • VR(Virtual Reality)技術を用いたシミュレーションシステム構築
    • マルチプロジェクションシステム構築(PowerWallタイプ/CAVEタイプ/ドームタイプ)
    • 立体視システム構築
    • 物理学(剛体/弾性体/流体)に基づいたシミュレーション実装
    • 動的干渉計算実装


    画像処理/認識/AR/MR技術

    弊社の有する主な要素技術
    • ステレオ画像からのカメラパラメタの推定 (岡山大学 金谷健一教授との共同研究成果)
    • ステレオ画像からの対応点の自動抽出  (上海大学との共同研究成果)
    • ステレオカメラからの実時間三次元オブジェクト構築  (Karlsruhe大学との共同研究成果)


    ハプティクス技術

    ハプティクス技術への取り組み
    • 1997年 Phantomを用いた特注開発を始める
    • 1998年 IPAに東工大佐藤誠教授(SPIDAR開発者)等との共同提案採択
    • 2003年 Haptic Communication Toolkitを開発
    • 2005年 SensAble Technologies, Inc.(米国 )Phantomの正規代理店となる
    • 2005年 SmartCollision SDK発売開始
    • 2007年 SmartCollision Studio発売開始

     

    Phantomを用いた主な開発実績(1997年~)
    • 1997年~1998年 国立がんセンター -医療
    • 1998年~2001年 産業技術総合研究所 -意匠設計(VR学会, PUG)
    • 2000年~2002年 通信総合研究機構 -医療(CARS, MMVR)
    • 2002年~2011年 理化学研究所 -リハビリ(VR学会, IWVR, World Haptics, Haptics Symposium, 他)
    • 2008年~ 画像診断・治療支援ソフトウエア開発(鶴見大学 歯学部)
    • 2011年~ 低侵襲手術シミュレータ構築と仮想力覚情報高速通信の研究開発(立命館大学, 滋賀医科大学)

  • 論文・学会発表(2013年)
    • I.Goncharenko, “Human body shape modeling using 3D range data for healthcare applications and beauty services (STAR talk)”, In Proc. of 23rd Int. Conf. on Computer Graphics and Vision, Sep 16-20, 2013, Vladivostok, Russia, pp.43-47.
    • 井川, 平林, 重田, 安藤, 小久保, 中村, 小川, 鈴木, ”支台歯形成イメージガイデッドシステムの開発~硬組織変形モデルの構築~”, 日本補綴歯科学会誌,Vol.5 第122回学術大会, pp.317, 2013年5月, 福岡.
    • Kazuyuki Nakata, Kentaro Kajita, Ryoichi Nishikawa, Soju Matsumoto, Takumi Ishikawa, Yoma Watarai, ”Artist-Centric New HMI Software Development Workflow: Development of Real-Time 3D Rendering Engine for Reconfigurable Instrument Clusters”,SAE 2013 World Congress & Exhibition,Paper Number: 2013-01-0425, 2013/04/16, Detroit, Michigan, United States.
    特許
      • 「3次元オブジェクト制御装置および3次元オブジェクト制御プログラム」特許第4557785号 平成22年7月30日
      • 「オブジェクト探索方法およびその方法を用いた装置」特許第3034483号、平成12年2月18日 ※
      • 「三次元オブジェクトデータ処理方法」 特許第2937937号、平成11年6月11日 ※
      • 「空間探索システム」 特許第2915363号、平成11年4月16日 ※

    ※本特許は、独立行政法人日本原子力研究開発機構様との共同特許でしたが、現在は権利放棄しています。

    • 2008年~ 画像診断・治療支援ソフトウエア開発(鶴見大学 歯学部)
    • 2011年~ 低侵襲手術シミュレータ構築と仮想力覚情報高速通信の研究開発(立命館大学, 滋賀医科大学)
  • 当社の開発プロセス管理は、CMM/CMMI「レベル3」相当の達成に向けて取り組み中です。(2014年3月現在)
    今後、さらにお客様に満足いただける品質を提供しつづけます。

車載ディスプレイ用グラフィックス開発

車載ディスプレイ用グラフィックス開発・制御対象機器シミュレーションの可視化が可能です。

画像処理・認識システム開発

カメラで撮影した画像から対象物の形状を認識し、復元、検出するシステム開発が可能です。

画像診断・治療支援ソフトウエア開発

先端医療技術開発に対して、最先端の可視化技術やバーチャルリアリティ技術を駆使したソリューションをご提供いたします。

デジタルヒューマン技術によるソフトウェア開発

生体力学・人間工学の最新の研究成果や知見を取り入れた評価シミュレーション等のソフトウェア開発が可能です。

スマートフォン&タブレット向けアプリ開発

スマートフォンおよびタブレット端末に搭載されている様々な機能を駆使したアプリケーション開発をご提供いたします。

CGコンテンツ制作

リアルタイム系CGコンテンツ制作、ARコンテンツ、およびプリレンダリングCGコンテンツ制作を承ります。

製品情報

    • REMO <リモ> とは
      CGツール Autodesk 3ds Max で制作したコンテンツをインタラクティブな3Dコンテンツにすることができる3DCGツールです。

        • リアルタイム3Dグラフィックスコンテンツ制作ツール

      REMO Designer Kit (for Windows , for Android , for iOS) <リモ・デザイナーキット>

        • リアルタイム3Dグラフィックス開発ライブラリ

      REMO Developer Kit (for Windows , for Android , for iOS) <リモ・デベロッパーキット>

        • 組み込み機器向けリアルタイム3DCGソリューション

      REMO ES <リモ・イーエス>

       

      • REMO GALLERY
    • RAMSIS <ラムシム> とは
      人間工学に基く評価シミュレーションにおいて、デジタルマネキンにより3次元CAD上に人間の姿勢を再現するソフトウェアです。

        • HUMAN SOLUTIONS社製 エルゴノミクスツール

      RAMSIS <ラムシム>

    • SmartCollision (スマートコリジョン) とは
      高精度な衝突判定と、衝突判定後の適切な処理(干渉の解消・力覚呈示)を実現することを目的として開発された、リアルタイム干渉計算ソフトウェアです。

        • リアルタイム干渉計算ライブラリ

      SmartCollision SDK <スマートコリジョン・エスディケイ>

        • リアルタイム干渉シミュレーションソフト

      SmartCollision Studio <スマートコリジョン・スタジオ>

        • リアルタイム干渉シミュレーションソフト

      SmartCollision Studio for EasyVR (CATIA対応版)

      Haptic Communication Toolkit (ハプティック・コミュニケーション・ツールキット) とは
      複数台の力覚呈示デバイス間の力覚情報の通信を目的として開発したネットワークライブラリです。

        • ハプティック通信制御ライブラリ

      Haptic Communication Toolkit <ハプティック・コミュニケーション・ツールキット>

    • 3次元力覚入出力デバイスは、高精度の力覚インタラクションを実現するデバイスです。
      3次元オブジェクトと作業者の動的なインタラクションにおいて、視覚情報だけでなく力覚情報を加えることにより、物体に触れたときに手に伝わる反力をリアルに再現し、操作性を向上します。

        • 3次元力覚入出力デバイス

      3D Systems社製 Phantom <ファントム>

        • 3次元力覚入出力デバイス

      SPIDAR <スパイダー>

    • 3次元力覚入出力デバイスとソフトウェアのセット製品です。
        • 多点接触シミュレーションシステム

      剛 <Tsuyoshi> for Phantom

        • 多点接触シミュレーションシステム

      誠 <Makoto> for SPIDAR

        • 力覚通信システム開発用ツールキット

      連 <Ren>

    • 3次元位置センサは、高精度のモーションキャプチャーシステムとしてVR、医療、各種シミュレーションのアプリケーションに最適です。

      距離画像センサは、人の振る舞いや空間の情報(距離情報+画像)が、1台のセンサでリアルタイムに取得できる画像センサです。

REMO

REMOCGツール Autodesk 3ds Max で制作したコンテンツをインタラクティブな3Dコンテンツにするための3DCGツールです。

SmartCollision

SmartCollision高精度な衝突判定と、衝突判定後の適切な処理(干渉の解消・力覚呈示)を実現するためのリアルタイム干渉計算ソフトウェアです。

Geomagic Phantom

PhantomユーザーがPC上の仮想オブジェクトに触れて操作できる高精度の力覚インタラクションを実現するデバイスです。

POLHEMUS

POLHEMUS高精度のモーションキャプチャーとして各種シミュレーションに利用が可能な磁気式の3次元位置センサです。

Panasonic D-Imager

Panasonic D-Imager人の振る舞いや空間の情報(距離情報+画像)が、1台のセンサでリアルタイムに取得できる画像センサです。

RAMSIS

RAMSIS人間工学に基く評価シミュレーションにおいてデジタルマネキンにより3次元CAD上に人間の姿勢を再現するソフトウェアです。

導入事例