開発プロセス管理

開発プロセス管理

当社では、2015年2月27日、技術部門の組織全体を対象として、ソフトウェア開発およびシステム開発プロセス能力の成熟度を評価・判断する国際的な指標であるCMMI Ver.1.3の成熟度レベル3を達成しました。
より高品質な3次元グラフィックスのソフトウェア開発、コンテンツ制作におけるソリューションをお客さまに提供すべく、今後もより一層のソフトウェア品質向上を目指し、プロセス改善に取り組んでまいります。

CMMI Maturity Level 3
CMMI Maturity Level 3

※CMMI(Capability Maturity Model Integration=能力成熟度モデル統合)とは、米国カーネギーメロン大学のソフトウェア工学研究所(SEI)が開発した製品とサービスの開発のためのプロセス改善成熟度モデルであり、組織的成熟度の達成度を5段階で表します。
※CMMIはカーネギーメロン大学の登録商標です。

関連記事