デジタルヒューマン技術

当社では、製品開発に関する人間の身体機能を製品設計に有効な「統計的にあり得る(バウンダリーファミリー)」人モデルを生成するデジタルヒューマンソフトウェア製品(RAMSIS, Dhaiba)を用いて、使用用途に応じて生体力学・人間工学の最新の研究成果や知見を取り入れた評価シミュレーション等のソフトウェア開発が可能です。

人体データベースに基づいたデジタルマネキンをコンピュータ内で生成

RAMSIS

CAD/CAMと連携して「人にやさしい」設計支援

RAMSIS

体重増加に伴う体形変化シミュレーション

RAMSIS

デジタルハンドによるエルゴノミック評価*

RAMSIS

※画像データ(*)は 産業技術総合研究所・デジタルヒューマン工学研究センター様 よりご提供
※「デジタルヒューマンモデル Dhaiba (ダイバ)」は、産業技術総合研究所・デジタルヒューマン工学研究センター様 が研究開発中のソフトウェアです。

関連記事

  1. 筋骨格モデル開発ツール Def Muscle <デフ マッスル>
  2. ARコンテンツ制作
  3. GPUを用いた高速画像処理技術
  4. 3次元位置計測システム POLHEMUS <ポヒマス>
  5. スマートフォン&タブレット向けアプリ開発
  6. 車載電子制御ユニット用HILSシステム

CADデータ を利用した VR Hololens や Google Tango 端末による AR 技術、画像処理技術 についてのご相談も承っております。
お気軽にお問合わせくださいませ。