車載・組込 ソリューション

車載・組込ソリューション
スリーディーのHMI開発ツール「REMO Suite」を用い、車載ディスプレイ開発およびHMI設計を行なっているお客様の要望に応じた最適なソリューションを提供いたします。
HMI開発ツール「REMO Suite」は、CGモデル(REMO)と状態遷移モデル(ZIPC)を融合したラピッドプロトタイプ開発環境です。
当社が提唱しております「デザイナ中心の新しいHMI開発ワークフロー」に「状態遷移制御」のモデルベース開発を融合することで、従来開発に比べ大きな効率向上を実現します。

CGデザイナーのCGイメージをダイレクトに組込み機器で実現
OpenGL ES に対応した高性能なレンダリングエンジン
ラピッドプロトタイピングによる早期の仕様確定、後戻りの防止

提供技術例

情報提示系技術(3DCG, HUD, AR)
操作系技術(Haptic)
テレマティクスサービス用アプリ開発(CarPlay, Android auto, T-Connect)

導入実績

フルグラフィックスメーター(株式会社デンソー様)

3DCGツール「Autodesk 3ds Max」と「REMO Suite」を使用した新しいワークフローの適用により従来開発に比べ大きな効率向上(17倍:コード生産)を実現

REMO Suite 関連の技術論文・講演資料

日付 主催 発表・イベント タイトル PDF
2015/4/23 SAE International. SAE 2015 World Congress & Exhibition Artist-Centric HMI Software Development Tool for Reconfigurable Instrument Clusters: Integration with Model-Based Development Tool
2013/12 株式会社デンソー様 デンソーテクニカルレビューVol. 18 デザイナを中心に置いた,新しいHMIソフトウエア開発手法:グラフィックメータ向けリアルタイム3Dレンダリングエンジンの開発
2013/11/29 一般社団法人可視化情報学会様 第19回ビジュアリゼーションカンファレンス 車載グラフィクス機器におけるソフトウェア開発プロセスの革新-REMO-ZIPC連携ソリューション
2013/09/20 キャッツ株式会社様 第18回ZIPCユーザーズカンファレンス 車載グラフィックメータ開発プロセス革新への挑戦 ~ REMO ZIPC による 3DHMI開発事例 ~
2013/4/8 SAE International. SAE 2013 World Congress & Exhibition Artist-Centric New HMI Software Development Workflow: Development of Real-Time 3D Rendering Engine for Reconfigurable Instrument Clusters

参加団体

Khronos Group OpenGL OpenGL ES R-Car SAE International

Khronos Group – Contributor Members
https://www.khronos.org/members/contributors/

関連記事

  1. リアルタイム3Dグラフィックス REMO <リモ>
  2. 車載ディスプレイ用グラフィックス開発
  3. ARコンテンツ制作
  4. 3DCGによるHMI開発
  5. 制御対象機器シミュレーションの可視化技術