PC向け REMOシーンファイル変換ツール REMO Exporter <リモ エクスポーター>

PC向け REMOシーンファイル変換ツール REMO Exporter <リモ エクスポーター>

PC向け REMOシーンファイル変換ツール REMO Exporter <リモ エクスポーター>

REMO Exporterは、REMOシーンファイルに変換するための Autodesk 3ds Max用プラグインソフトウェア です。
また、付属の3ds Max スクリプトREMO Material Converterにより、プロシージャルテクスチャ等対応していないテクスチャをREMOマテリアルへ変換することができます。

対応プラットフォーム:Windows
Autodesk 3ds Max 対応バージョン:2016, 2015

機能概要

REMO Exporter for 3ds Max

※動作環境は、3ds Max 各バージョンの動作環境に準拠

REMO Material Converter

変換可能なマテリアル

  • 標準
  • マルチ/サブオブジェクト
  • Vray Mtl
  • mental ray Arch & Design

※マップの使用、不使用などは継承されません。マテリアルの変換のみでマップなどはビットマップに変換されません。

REMO Scene Packager

REMO Scene Packager は、REMO Exporterで出力したREMO専用のシーンファイルを、モバイル(Andorid, iOS)プラットフォーム上で動作するREMO Viewerに適した形式(パッケージ)に変換するためのソフトウェアです。
http://scenepackager.remo.jp/

REMOで使用可能な3ds Maxの機能

マテリアル

  • 標準マテリアル
  • マルチオブジェクト
  • サブオブジェクト
  • マテリアル
  • ブリンシェーディング

テクスチャ

  • ビットマップ
  • 法線マップ
  • 反射マップ
  • マルチオブジェクト
  • サブオブジェクト
  • アルファ
  • 頂点カラー
  • RGB乗算

環境効果

  • フォグ
  • バックグラウンド

ライト

  • カラー
  • マップ
  • 指向性ライト
  • オムニライト
  • スポットライト

アニメーション

  • モーフィング
  • ボーン
  • スキン
  • マテリアル
  • 可視性
  • マテリアル
  • カメラ
  • ライト
  • テクスチャ行列

その他

  • セルフシャドウ(指向性ライトのみ)
  • ソフトシャドウ