[導入事例] 腹腔鏡下 胆嚢摘出術シミュレータ

納入先: 立命館大学 田中研究室

腹腔鏡下胆嚢摘出術シミュレータ

腹腔鏡下胆嚢摘出術シミュレータ

腹腔鏡手術における遠隔指導を目標とする手術シミュレータです。
実際の手術器具と力覚提示デバイスを用いることによって、外力に応じてリアルタイムに変形する「臓器バーチャルモデル」に触れたときの感触(力覚)を得ながら、インタラクティブに手技の訓練を可能にします。
また、「遠隔指導機能」により、遠隔地にいる専門医からの手技の教示や、協調作業も視野に入れています。将来は異形データの扱いを加えて、多彩な訓練を可能とする手術シミュレータの実現を目指しています。
※本シミュレータは、立命館大学および滋賀医科大学のご支援のもと開発中のシステムです。
<特長>
・CUDAを用いた高速臓器モデル変形処理の実現
・REMO を用いて高品質画像を使用者に提供
・実際の手術器具を用いた手術コックピット
・鉗子同士の衝突検出にSmartCollisionを適用
・臓器モデルを操作した際に生じる感触を力覚提示

関連記事

  1. GPUを用いた高速画像処理技術
  2. プリレンダリングCGコンテンツ制作
  3. インタラクティブ高精細映像の表示システム
  4. ボリュームデータの描画処理技術
  5. 距離画像センサ D-Imager <ディー イメージャー>
  6. 医療シミュレーション技術

CADデータ を利用した VR Hololens や Google Tango 端末による AR 技術、画像処理技術 についてのご相談も承っております。
お気軽にお問合わせくださいませ。