[導入事例] インタラクティブ高精細映像の表示システム

納入先: 筑波大学

高精細映像(4K解像度)の表示

REMOを利用した高精細映像(4K解像度)の表示

筑波大学様では、次世代メディアリテラシーを持った研究者や専門技術者の育成を行うことを目的とした教育に取り組まれており、次世代メディアやコンテンツの本質を体験的に理解するために「デジタルコンテンツ」「映像」「情報デザイン」といった授業に取り組まれております。
大型、高精細、明室、インタラクティブを特徴とする次世代メディア環境として、フルHDTVの4倍もの高精細(解像度4,096×2,160)を実現した大型映像装置(300インチ超の4Kプロジェクションシステム)が春日キャンパス講堂に導入されており、高精細映像(4K解像度)の表示にREMOを導入頂いております。

関連記事

  1. リアルタイムCGコンテンツ制作
  2. CGムービー制作
  3. 核融合炉の組立シミュレーション
  4. 制御対象機器シミュレーションの可視化技術
  5. 医療シミュレーション技術
  6. プラントシミュレータ

CADデータ を利用した VR Hololens や Google Tango 端末による AR 技術、画像処理技術 についてのご相談も承っております。
お気軽にお問合わせくださいませ。