CT画像の再構築画像処理技術

DICOM データセットからの3次元再構築による可視化処理

DICOM データを読み込み、任意断面表示 (Multi Planar Reconstruction: MPR) や、3次元再構築画像処理(ボリュームレンダリング:VR、サーフェスレンダリング:SR、Maximum Intensity Projection:MIP、Raysum)が可能で、CT 撮像データから任意軌道を指定することでパノラマ画像の生成も可能です。
下図には、医科 CT で撮像した歯科診断用のデータセットの3次元再構築画像例を示しており、レンダリングエンジンには VTK (Visualization ToolKit)を用いています。

VR 表示

VR 表示

SR 表示

SR 表示

MIP 表示

MIP 表示

Raysum 表示によるパノラマ画像

Raysum 表示によるパノラマ画像

 

 

 

 

 

 

 

※画像データは 鶴見大学 歯学部 新ハイテクリサーチセンター 顎口腔機能高次元解析室様 よりご提供

関連記事

  1. スマートフォン&タブレット向けアプリ開発
  2. 医療・歯科 ソリューション
  3. 腹腔鏡下胆嚢摘出術シミュレータ
  4. ARコンテンツ制作
  5. 3次元力覚入出力デバイス Geomagic Phantom <ジオマジック ファントム>

CADデータ を利用した VR Hololens や Google Tango 端末による AR 技術、画像処理技術 についてのご相談も承っております。
お気軽にお問合わせくださいませ。