車載ディスプレイ用グラフィックス開発

3DCGによる液晶メーターパネル表示

3DCGによる液晶メーターパネル表示

各種組み込み機器でREMOのレンダリングエンジンを利用し、3次元描画のアプリケーション開発に最適なOpenGL ES対応のソフトウェアフレームワーク「REMO Suite」をベースに開発します。

おもな特長

  • Khronos Group策定のOpenGL ES 1.x / 2.xに準拠
  • 車載機器向けプログラミングガイドライン「MISRA-C」に準拠
  • 各種プラットフォーム(組み込みOS、PC向けOS)への対応
  • 用途に応じたRAM、ROMの使い分けによる高度なメモリ管理が可能
  • アクセラレーション機能、シェーダー機能(OpenGL ES 2.x)によるパフォーマンスの最適化が可能
  • 代表的なCGツール3ds Maxのデータを出力でき、コンテンツ制作とプログラム開発における検証・開発コストを削減できる

関連記事

  1. リアルタイム3Dグラフィックス REMO <リモ>
  2. 車載・組込 ソリューション
  3. ARコンテンツ制作
  4. 制御対象機器シミュレーションの可視化技術
  5. 3DCGによるHMI開発

CADデータ を利用した VR Hololens や Google Tango 端末による AR 技術、画像処理技術 についてのご相談も承っております。
お気軽にお問合わせくださいませ。