導入事例 掲載のお知らせ「低侵襲手術支援ロボット用VRシミュレータ」

東京大学 大学院 工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻・機械工学専攻 光石研究室 様の「低侵襲手術支援ロボット用VRシミュレータ」事例を掲載しました。

VR手術シミュレータは、ImPACT「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」における研究成果です。
開発中の低侵襲手術支援ロボットの制御を検討する目的で開発されました。将来的に手術トレーニングなどにも応用可能です。
Phantom Premium 1.5HF/6DOF デバイス の力覚フィードバック機能を活用して、軟組織とロボットツールのインタラクションを感じながら操作できるようになっています。

参考
内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT) 「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」
2019年1月11日(金) 公開シンポジウム 最終報告会
研究成果映像

納入先:東京大学 大学院 工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻・機械工学専攻 光石研究室

東京大学 光石研究室様では、機械工学とバイオテクノロジーとを融合した先端的医療支援技術に関する研究に取り組まれており、顕微鏡下手術用ロボット・システムの研究および手術手技評価や訓練のためのバイオニックヒューマノイドの研究をされています。

PAGE TOP