医療シミュレーション技術

手術シミュレーションにおいては、高品質な臓器モデルの変形状態に加えて、高速な力触覚計算エンジン、高品質かつ高精度なレンダリングエンジンを用いる必要があります。
当社では、当社製品の REMO を用いた高速なレンダリング下での高品質な手術シミュレーションシーンのご提供が可能です。また、ハプティックス技術を用いた高精度な力覚レンダリングのご提供や、Phantom デバイスをベースとした手術操作卓の製作などもご相談いただけます。

歯科補綴設計シミュレーション

患者様ごとの顎モデルや歯列模型のポリゴンデータを読み込み、インプラントやブリッジなどの補綴物の設計をポリゴンベースのデータで行うシミュレーションソフトウェアの開発が可能です。またこのようにしてコンピュータ上で設計した補綴物の適合性や咬合状態を可視化することも行えます(「歯科治療支援」参照)。
患者様への説明資料やインフォームドコンセントでの活用、補綴主導型の治療、いわゆるトップダウントリートメントの治療計画にも活用できます。

シミュレーション例

シミュレーション例

シミュレーション例

シミュレーション例

 

 

ハプティクス技術を用いた咬合接触可視化シミュレーション
SmartCollision Studio for Dental(仮)

当社製品の SmartCollision Studio を用いて、物体同士が干渉したときの負荷分布を可視化したシミュレーションが可能です。
現在、鶴見大学歯学部様と共同研究開発中であり、上下顎の咬合状態の可視化や補綴物の適合性のシミュレーションなどにご活用いただけます。

例)下顎をPhantomで操作した際の上顎との咬合シミュレーションの様子

例)下顎をPhantomで操作した際の上顎との咬合シミュレーションの様子

クラウン適合シミュレーションの様子

クラウン適合シミュレーションの様子

インレー適合シミュレーションの様子

インレー適合シミュレーションの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※画像データは 鶴見大学 歯学部 新ハイテクリサーチセンター 顎口腔機能高次元解析室様 よりご提供

関連記事

  1. インタラクティブ高精細映像の表示システム
  2. 距離画像センサ D-Imager <ディー イメージャー>
  3. 3次元力覚入出力デバイス Geomagic Phantom <ジオマジック ファントム>
  4. ARコンテンツ制作
  5. 腹腔鏡下胆嚢摘出術シミュレータ

CADデータ を利用した VR Hololens や Google Tango 端末による AR 技術、画像処理技術 についてのご相談も承っております。
お気軽にお問合わせくださいませ。