[鍼灸治療] フォースフィードバック付き触覚デバイスを用いた鍼治療トレーニング

日本鍼灸理療専門学校様は、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師を育成されている専門学校です。
業界の第一線で活躍している教員が、基礎から応用、実技までニーズに即した授業を実践しています。

岩手県立大学 土井研究室様は、ビジュアライゼーション(可視化)学講座として、可視化に関連した多くのプロジェクトを並行して行っています。

[鍼灸治療] フォースフィードバック付き触覚デバイスを用いた鍼治療トレーニング

納入先: 学校法人花田学園 日本鍼灸理療専門学校


Touchデバイスによる操作Touchデバイスによる操作
 

経穴に鍼が移動すると情報が表示される(位置、内部の解剖学的構造:筋, 血管, 神経)経穴に鍼が移動すると情報が表示される
(位置、内部の解剖学的構造:筋, 血管, 神経)

腰部の3次元人体モデル(マウス操作で移動・拡大が可能、対象部位:足, 腕, 腰, 頭部 等)腰部の3次元人体モデル(マウス操作で移動・拡大が可能、対象部位:足, 腕, 腰, 頭部 等)

経穴の位置を確認しながら鍼のトレーニング経穴の位置を確認しながら鍼のトレーニング
 

本システムは、鍼治療の技能を習得することを目的とした鍼師養成施設での実習のためのトレーニングシステムです。
人体内部での刺鍼時の感触を精密に再現するためには、鍼の刺入に沿って、鍼の深さ、速度,侵入方向、鍼を押す力、鍼の人体内部での位置等を考慮する必要があります。
鍼が人体に触れているかのように知覚しながらトレーニングが行なえることを目標として開発中です。
鍼の刺入動作時の感覚の再現に Geomagic Touch デバイス および Geomagic Touch X デバイス をご活用頂いております。

* 本システムは、日本鍼灸理療専門学校様 と 岩手県立大学 土井研究室様 による共同研究(開発中)のシステムです。

PAGE TOP