ボリュームデータの描画処理技術

GPU を用いた高品質かつ高速な VR 表示が可能です。左の画像は、腹部の VR 表示の様子を示しています。
これら3次元再構築画像を利用して、診断に必要不可欠となる計測機能や二次元画像処理(スムーズ強弱・エッジ強調・シャープ強弱表示、断層厚変更表示など)、3次元画像に対する各種処理(クロッピング、リージョングローイングによるセグメンテーションなど)の開発が可能です。
なお、データローダ部や表示画面は、現在当社でオリジナル開発中です。

ボリュームデータの描画処理技術

GPUによる画像表示の高速化処理

Abdomen Volume Rendering With GPU

 

CIPX

PAGE TOP