[脳神経外科] 低侵襲手術支援ロボット用VRシミュレータ

納入先: 東京大学 大学院 工学系研究科 光石研究室 様

本研究成果は、内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命 」 研究開発課題「医療スマートアーム システム統合」において開発された VR手術シミュレータ です。

プレスリリース: 微細手術に適用可能な低侵襲手術支援ロボットの開発 ~「バイオニックヒューマノイド」活用により世界最高水準のロボットを実現~

東京大学 光石研究室 様では、機械工学とバイオテクノロジーとを融合した先端的医療支援技術に関する研究に取り組まれており、顕微鏡下手術用ロボット・システムの研究および手術手技評価や訓練のためのバイオニックヒューマノイドの研究をされています。

[脳神経外科] 低侵襲手術支援ロボット用VRシミュレータ

納入先: 東京大学 大学院 工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻・機械工学専攻 光石研究室

立体視による臨場感 および 軟組織モデルとの接触感覚を再現 した VR手術シミュレータ

立体視による臨場感 および 軟組織モデルとの接触感覚を再現した VR手術シミュレータ

VR手術シミュレータは、開発中の手術ロボット「スマートアーム(*)」の制御を検討する目的で開発されました。将来的に手術トレーニングなどにも応用可能です。
ユーザは、奥行き感のある立体映像を見ながら、Phantomデバイス (2台)のスタイラスを両手で持って操作を行ないます。Phantomデバイス の力覚フィードバック機能を活用して、軟組織とロボットツールのインタラクションを感じながら操作できるようになっています。

* スマートアームは、脳外科・眼科などの微細な手術を対象として開発された手術支援ロボットシステムです。VR手術シミュレータ及びスマートアームは,ImPACT「 バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命 」における研究成果です。

システムの主な機能

  • 立体視モニタ&液晶シャッタメガネ:立体視により奥行き感のある立体映像表示を実現
  • フットスイッチ:スマートアームの操作切替えスイッチ
  • Phantomデバイス:術具同士の接触、軟組織モデルとの接触感覚の再現
PAGE TOP