[介護] 介護訓練VRシステム

納入先: 豊橋技術科学大学 機械工学系 システム制御研究室 様

本システムは、仮想空間内で被介助者モデルに触れることができる介護訓練シミュレータです。
特長は、モーションキャプチャーシステムやKinectセンサーにより計測した介助者(ユーザー)の挙動情報をもとに、VR内部でリアルタイムに被介助者モデルとの接触力を計算できることです。
将来的には、現在、豊橋技科大学様で開発中の「身体装着型ハプティックインタフェース」や他のハプティックデバイスを用いて、この力覚情報をユーザーに伝えることで、ユーザーに「持ち上げた感じ」を与えることが可能になります。

豊橋技術科学大学 機械工学系 システム制御研究室では、「介護支援を目指したロボット技術」を研究テーマしており、これまでに数多くの知見を得ています。
これらの知見により「介護訓練VRシステム」の核となる「身体装着型ハプティックインタフェース」が開発されました。
現在は肘部のみですが、将来的には手掌部や胸部の接触力や腰部の負担も表現できるように開発中です。

PAGE TOP