サイトアイコン 株式会社スリーディー

XR, メタバース, 3DCGコンテンツ制作サービス – Unity, Unreal Engine

XR 体験デモ ・ 個別相談会

XR 体験デモ ・ 個別相談会

リアルタイム3D開発プラットフォーム( REMO, Unity, Unreal Engine ) をベースに
お客様のご要望に応じたコンテンツ制作・システムを開発します

[VR] デザインレビュー ・ バーチャルショールーム

VRアプリケーション開発

 

リアルタイム3D開発プラットフォーム( REMO, Unity, Unreal Engine ) を活用して開発します。

 

機械設備のレイアウト検討

実寸大スケールで体感しながらプロットプランを検討する
  • CADデータからCG(ポリゴン)データへ変換しVRビューアにて表示
  • STLデータ形式 (立体形状のみ)
  • OBJデータ形式 (立体形状のみ、立体形状 + テクスチャ付き)

VRコントローラデバイスによる表示切り替え

  • コンテンツのマテリアル、ライティング調整
  • 視点移動は、ビューアの基本機能を利用
  • 色替えカスタマイズ開発

ウォークスルーによる景観検討

都市空間を上空から眺める目線(バードビュー)、人間目線や車目線(ストリートビュー)でインタラクティブに操作して検討する

バーチャルショールーム・見積シミュレーション

  • 展示車の外観・内装を自由なアングルで表示
  • 車体の色, タイヤ, オプションパーツなどの変更

[AR] シミュレーション・プロモーション

ARアプリケーション開発

 

画像認識にARエンジン(ARKit , ARCore , Vuforia , ARToolKit)を利用し、Unityを用いたアプリケーション開発を行なっております。
フルスクラッチ( C++ / OpenGL ES )での3Dグラフィックス プログラミングも請負可能です。

 

現物(物体認識型)や現場(空間認識型)をターゲットにしたAR

  • 保守点検(製品にCGの部品を重ねて表示し、修理が必要な部品の特定や修理の手順ミスを軽減)
  • 施工前の外観確認(現場で完成イメージCGを重ねて表示し、周辺環境との親和性を視覚的に確認)

生産設備のレイアウト検討(画像認識型)

マーカーに追従した生産設備の3DCGモデルの配置・並び替えを行ない工場建屋内への収まりを検討する

 

リアルタイム3DCGアニメーション再生

ポスターやマーカーなど特定の画像を認識すると同時に3DCGアニメーションを再生する

スマートフォン・タブレット用アプリケーション

事例:姿勢矯正アプリ (iOS / Android)

「姿勢矯正アプリ」は、傾きセンサーを利用して、姿勢が悪くなると(傾きがある閾値を超えると)バイブレーションで知らせてくれるアプリです。胸ポケットに入れて使用します。

 

様々なセンサを活用したアプリ開発も対応可能

  • LiDARセンサ
  • 加速度センサ
  • ジャイロセンサ

[CGモデリング] アセット

素材データ制作

 

モデリングソフト Autodesk 3dsMax などを活用して、3Dアセットを制作します。 また、オンラインストアで販売されている3Dアセットを利用し、お客様の仕様にあわせて制作することも可能です。

 

利用用途

  • 研究開発(Unity, Unreal Engineなど)
  • バーチャルショップ(店舗, 什器, 商品)
  • メタバースEC(アバター)

[CGレンダリング] デザイン・ビジュアライゼーション

静止画像・アニメーション制作

 

モデリングソフト Autodesk 3dsMax と レンダリングソフトウェア V-Ray などを活用して制作します。

フォトリアルなCGパース

内観・外観パースにより施工前の室内やインテリアイメージを提案

建材・住宅設備のシミュレーション

  • 全体のレイアウトおよび導線の検討
  • 床材・建具・収納家具の配置
  • インテリアの配色の検討
  • 照明や採光シミュレーション

導入事例

落石衝突VR体験システム

落石防護工のVR実証実験場

納入先: Geo BANK工法研究会

イベント等で、落石防護補強土壁工法(RGB工法) を来場者にアピールするために、VR対応型ヘッドマウントディスプレイ HTC Vive を使用し、落石衝突の事象等をVR体験できるコンテンツです。
体験者は、防護柵(RGB供試体)の中に入って、落石に見立てた重錘を防護柵に衝突させる実験をVR体験することができます。
重錘(じゅうすい)の落下

介護訓練VRシステム

ベッドから車椅子への移乗
介護者(ユーザー)から見た映像

納入先: 豊橋技術科学大学 機械工学系

最適な介護動作などを教示できる介護・リハビリ分野の訓練システムを目指した研究です。
(動作計測技術、3DCG技術、ハプティクスインターフェイス技術を統合)
PC上のマネキンは、身長、体重、障害度をモデルパラメータの変更可能です。ベッドから椅子への介護動作の訓練などでは、介護者にマネキンの重み(力覚)と視覚にリアルタイムでフィードバックを与える介護訓練VRシステムです。
モバイルバージョンを終了