第13回 Motor Control 研究会 展示のお知らせ – ハプティック デバイス & モーションキャプチャシステムのデモ

来る8月23日(金)より3日間、東京大学 弥生講堂 にて開催される「第13回 Motor Control 研究会」で機器展示を行ないます。
今回の展示品は、ハプティックデバイス、ワイヤレス3次元位置計測システム、筋骨格モデル開発ツールです。
会場にご来場の際には、お立ち寄り下さいませ。

第13回 Motor Control 研究会 機器展示

http://www.motorcontrol.jp/index.php?MC13

機器展示の日時 2019年8月23日(金) 14:00 – 18:00 , 24日(土) 8:30 – 15:30 , 25日(日) 8:30 – 13:30
機器展示会場 東京大学 弥生講堂・一条ホールロビー(東京都文京区弥生1-1-1)
https://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html
参加 事前登録制

出展内容

米国3D Systems社製 ハプティックデバイス 3D Systems Touch

3D Systems Touch <スリーディーシステムズ タッチ>は、ユーザーがPC上の仮想オブジェクトに触れて操作できる高精度の力覚インタラクションを実現するデバイスです。

米国POLHEMUS社製 ワイヤレス3次元位置計測システム G4

POLHEMUS社製 3次元位置センサは、高精度のモーションキャプチャーシステムとして各種シミュレーションに利用が可能な磁気式の3次元位置センサです。
この磁気式センサは、非接触で計測でき、光学式や音波式とは違い、物理的な障害物に影響されないデータをリアルタイムで計測することができます。

筋骨格モデル開発ツール Def Muscle

筋肉の形状および干渉による変形を考慮した新しい仮想人体筋骨格モデルによる運動解析が可能な開発ツールです。
従来モデルでは表現しきれなかった肩・体幹等の複雑な筋肉の位置関係および筋力の作用ベクトルを表現可能!

本イベントは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

PAGE TOP