8月4日(木) VRシステム開発のための技術セミナー 開催のお知らせ – HMDデバイスをビジネスに活用!

HMDデバイスをビジネスに活用!

来る8月4日(木)に、当社(新横浜)にて「VRシステム開発のための技術セミナー」を開催します。
これからHMDデバイス(Oculus Rift, HTC VIVE)を活用したVRコンテンツの制作をされたい初心者の方向けに、VR技術のハードウェアの仕組み等を説明し、実際にVRコンテンツを体験して頂くセミナーです。
本セミナーでは、HMDデバイスとともに使用されているインタフェース・デバイス(ジェスチャーコントロール、AR、ハプティック等)についてもご紹介、デモを致しますので、これからのビジネスにVRをどのように活用することができるのかお考えの方のヒントになれば幸いです。
参加お申込みは、以下の参加申し込みフォームより、お申込みくださいませ。

こんな方におすすめのセミナーです!

  • これからVRシステムをビジネスに活用したい
  • VRシステムのトレンドを知りたい
  • バーチャルリアリティの概要を知りたい

VRシステム開発のための技術セミナー 開催概要

開催日時 2016年8月4日(木) 14:00~16:00(受付開始:13:40~)
開催場所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-8 KDX新横浜ビル4F
アクセス JR新横浜駅より徒歩約5分
定  員 10名様(お申し込み多数の場合は、1団体につき2名まで)
参 加 費 無料(事前登録制)

プログラム

14:00-14:10 ご挨拶・概要説明
14:10-14:40 VRシステムに活用されるHMDデバイスのご紹介
内容:HMDデバイスの製品紹介、仕組み等の技術について解説します。
14:40-15:10 VRシステムに活用されるインターフェース・デバイスのご紹介
内容:VRシステムに活用されるインタフェース・デバイス(ジェスチャーコントロール、AR、ハプティック等)について解説します。
15:10-15:40 VRコンテンツ制作の概要
内容:VRオーサリングツール(Unity等)を例に制作のワークフローについて解説します。
15:40~ デモンストレーション(自由参加・個別相談)

*1 VR対応型HMDデバイス: 没入感が得られるVRの実現に適した表示デバイス
*2 ジェスチャーコントロールデバイス: 手の動きや顔の表情、人体(骨格検出)等を認識するセンサデバイス
*3 ハプティックデバイス: 手に力を感じることができるデバイス

※開始・終了時刻やプログラム内容を変更する場合がございます。

出展製品・サービス

Kinectによるリアルタイム 上肢動作計測システム

Kinect™ for Windows®による上肢関節位置・角度のリアルタイム取得が可能です。
上半身(頭部・左右上肢)をリンク構造として当てはめ、 各関節点の位置や角度を求めることが可能です。

AR・VR コンテンツ制作ツール SoREMO <ソレモ>

AR・VR用のコンテンツ制作ツール

VRシステム開発サービス DoREMO <ドレモ>

お客様のご要望に応じたVRシステムを開発するサービス

3次元力覚入出力デバイス Geomagic Touch <ジオマジック タッチ>

ユーザーがPC上の仮想オブジェクトに触れて(手に力を感じる)操作できる高精度の力覚インタラクションを実現するハプティックデバイスです。

本イベントは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

PAGE TOP