リアルタイム 3D グラフィックス エンジン REMO <リモ>

リアルタイム 3D グラフィックス エンジン REMO <リモ>

リアルタイム 3D グラフィックス エンジン REMO <リモ>

リアルタイム 3D グラフィックス エンジン REMO <リモ>

REMO <リモ>は、CGツール Autodesk 3ds Max で制作したデータを活用し、 インタラクティブ な 3DCG コンテンツ を実現するためのソフトウェア技術です。

 

利用分野

組み込み機器
  • 車載HMI (メーターパネル , ナビ)
  • 先進運転支援システム
設計・製造
  • デザイン レビュー
  • 機構 アニメーション
  • 生産設備の レイアウト検討
建築・土木
  • 景観 シミュレーション
  • 室内 ・ インテリア シミュレーション
医療
  • 手術 シミュレーション
教育 ・ 研究機関
  • VR
  • CV ・ AR

おもな特長

OpenGL / OpenGL ES によるリアルタイム 3Dグラフィックス
Autodesk 3ds Max シーンファイルを リアルタイム CG で再現
数万ポリゴンの REMOシーンファイル を高速表示

コンセプト

きれい!

自動シェーダ生成機能による高品質なグラフィックス表示

かんたん!

シンプルなワークフローを実現し、開発コストを低減

はやい!

高速な描画処理と軽量なグラフィックス エンジン

 

関連記事

  1. リアルタイム干渉計算ライブラリ SmartCollision <スマートコリジョン>
  2. 3DCGによるHMI開発
  3. エルゴノミクス設計支援ツール RAMSIS <ラムシス>
  4. 制御対象機器シミュレーションの可視化技術
  5. Kinectによるリアルタイム上肢動作計測システム
  6. 車載ディスプレイ用グラフィックス開発

VR 体験・個別相談会 開催中!

6/30(金) 10時 , 14時
7/4(火) 10時 , 14時
7/7(金) 10時 , 14時
7/14(金) 10時 , 14時