SmartCollision <スマートコリジョン>は、高精度な衝突判定と、衝突判定後の適切な処理(干渉の解消・力覚呈示)を実現することを可能にした、リアルタイム干渉計算ライブラリです。
SmartCollision SDK カタログ
3D Systems Haptic Applications Gallery

利用分野・用途

設計・製造

  • CADデータ(自動車・電子機器・建築物など)の組立/分解性のリアルタイム動的検証
  • 部品の分解・組立て可能性・手順・パスを検証
  • 検証した分解・組立て手順をマニュアル化
  • ロボットアーム/工具とその他の部品/環境との干渉シミュレーション

建築・土木

  • 建物のレイアウト検証

医療

  • 手術シミュレーション
  • 歯科臨床における治療支援シミュレーション

VR系教育・研究機関

  • 動的干渉シミュレーション

特長

  • Polygon(三角形)で構成されたオブジェクト間の干渉を扱えるため設計データ(CADデータ)との親和性が高い
  • インタラクティブなアプリケーションでの利用を目的とする”動的な”干渉計算が可能
  • 干渉深度(干渉の度合い)の計算が可能なため力覚(ハプティクス)との親和性が高い

コンセプト

  • 高精度 Polygonデータを扱うためVoxelベースと比較して高精度な干渉判定が可能
  • 高速 動的な干渉計算に対応しインタラクティブなアプリケーションが可能
  • 干渉深度計算 干渉深度(干渉の度合い)計算に対応し力覚の反力(接触力)計算を容易に実現

 


* 干渉深度計算 – Penetration depth computation

 


* 最近傍計算 – Minimum distance computation

ラインアップ

製品 価格(税抜)
SmartCollision SDK for Windows スタンダードライセンス
お問合せ下さい
SmartCollision SDK for Windows ランタイムライセンス
お問合せ下さい
  • SmartCollision SDK を使用する際には「USB Key(ドングル)」が必要です。
  • 製品の価格は、営業担当者までお問い合わせください。

ムービー

ダウンロード

SmartCollision SDK ドキュメント

技術文書
SmartCollision SDK User’s Manual (English)
SmartCollision SDK API Reference Manual (English)
SmartPolygon Optimizer API User’s Manual (English)
SmartPolygon Optimizer API Reference Manual (English)

* PDFをご覧頂くには Adobe Acrobat Reder が必要です。

SmartCollision SDK サンプルソースコード



犬のモデル(ビルド/実行不可)
使用ライブラリ
Collision Detection Library: SmartCollisionSDK
Haptics Library: OpenHaptics ToolKit HDAPI(オプション)
Graphics Library: OpenGL, GLUT

SmartCollision Viewer サンプルデータ



足の骨モデル
シーン構成
ポリゴン数:76,592
オブジェクト数:28