MEDTEC Japan 2014 展示のお知らせ – 医療シミュレータ のデモ

来る4月9日より3日間、東京ビックサイトにて開催される「MEDTEC Japan 2014」に出展致します。
今回の展示品は「腹腔鏡下 胆嚢摘出術シミュレータ」と「支台歯形成シミュレータ」の2つです。
会場にご来場の際には、お立ち寄り下さいませ。

MEDTEC Japan 2014 開催概要
会期:2014年4月9日(水)~11日(金)
会場:東京国際展示場(東京ビッグサイト)東3ホール
ブース番号: 2306 横浜パビリオン内
主催:UBM Canon Japan合同会社
後援:日本医療機器産業連合会、日本の技術をいのちのために委員会
協賛:一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ
展示会HP: http://www.medtecjapan.com/
入場料:有料2千円 , 事前登録無料

■出展製品
(1)腹腔鏡下胆嚢摘出術シミュレータ
実際の手術器具と力覚提示デバイスを用いることによって、外力に応じてリアルタイムに変形する「臓器バーチャルモデル」に触れたときの感触(力覚)を得ながら、インタラクティブに手技の訓練を可能にするシミュレータです。
また、「遠隔指導機能」により、遠隔地にいる専門医からの手技の教示や、協調作業も視野に入れています。将来は異形データの扱いを加えて、多彩な訓練を可能とする手術シミュレータの実現を目指しています。今回は、スタンドアローン型の最小構成のシミュレータのプロトタイプを展示致します。なお、本シミュレータは、立命館大学および滋賀医科大学のご支援のもと開発中の製品です。

(2)支台歯形成シミュレータ
医用工学技術・バーチャルリアリティ技術を用いた歯科教育トレーニングモジュールの1つであり、力覚デバイスを用いることによる研削感覚を得ながら支台歯形成トレーニングを行なうことが可能なシミュレーションシステムです。

本イベントは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

PAGE TOP